元・陸上幹部自衛官の13年間の奮闘記

ダメダメ大学生だった元陸上自衛官の13年間の自衛隊での経験や教訓を共有するブログ

【元空挺隊員が語る】陸上自衛隊第1空挺団での幹部自衛官としての勤務シリーズ② 〜はじめての空挺団訓練検閲(宮城県王城寺原演習場)〜

f:id:future_oriented:20180803233441j:plain

陸上自衛隊公式HPより引用)

 

おはようございます。

元・国防男子の大吉です。

 

今日の記事は前回の続きで、僕が空挺団に配属されてから2ヶ月後に参加することになった、「空挺団の訓練検閲」についてお伝えしたいと思います。

 

前回の記事にも書きましたが、この記事は、

  • これから第1空挺団で勤務したい人
  • 空挺団で、どのような訓練をしているのかを知りたい人

たちに、オススメの記事です。

 

前回の記事を読んでいない人は、是非読んでみてください!

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

future-oriented.hatenablog.com

 

 

宮城県の王城寺原(おうじょうじばら)演習場での訓練検閲

早いもので、着隊からあっという間に時が過ぎ、

ついに訓練検閲の時期がやってきた。

そして、あの激烈な副中隊長は、米国留学中のテキサス州で楽しんでいる頃・・・

駐屯地での空挺作戦準備

駐屯地では、作戦実施のための任務分析をして、作戦計画作成までを実施し

隊員達に示達(じたつ)する。

空挺団で凄いと思ったことは、空挺精神である

「最後の一員となっても任務を完遂しなければならない。」

ということを徹底すること。

 

どういうことかというと、

空挺作戦は、一般的に軽装備で敵の指揮の中枢等へ隠密潜入して、襲撃し、

指揮通信を混乱させる非常に厳しい任務。

ということは、

戦闘損耗の発生率は他部隊よりも高くなるのだ。

そして、長距離を隠密潜入するため、途中ではぐれてしまう隊員

離脱してしまう隊員もいる。

そうなった隊員たちも任務を達成できるように、幹部、陸曹、陸士

関係なく、空挺団の作戦内容をしっかりと理解して、

例え一人となっても目的地まで前進し、

任務を遂行しなければならないということだ。

それが、入隊したばかりの陸士隊員であってもだ。

 

他の一般部隊であれば、班長がいて分隊長がいて指揮は次級者が執り行うのだが、

空挺団の場合はもっとシビアだ。

 

空挺団の作戦準備は、計画作成の他、降下前の事前訓練をしたり、

救急法や車両や補給品を航空機で投下するための重物料梱包

というのをやる。

ちなみに、車両(高機動車)の重物料梱包は、こんな感じ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

f:id:future_oriented:20180804005434p:plain

 

これを航空機に積載して、パラシュートを付けて投下する。

イカれているでしょ??

ちょっとしたミスが航空機事故につながったり、

投下した車両が破損したりする。

 

まさかの降下中止!急遽、ヘリボーン作戦へ

f:id:future_oriented:20180720225754j:plain

 (陸上自衛隊第1空挺団公式HPより引用)

 

習志野演習場から王城寺原演習場までは部隊の車両で移動。

到着後、検閲の初日はもちろん空挺降下

王城寺原演習場は狭いため、固定翼機からの効果はできないので、

ヘリから降下をする。

 

降下をする時、訓練規則上、空挺降下をできる風速が決まっている。

もちろん本当の戦場であれば風速など気にせず、

ある程度の非戦闘損耗は覚悟の上、

作戦をするのだろうが、今回は訓練検閲。

降下地域の風速が強かったため、急遽団本部からの命令で、

空挺団の作戦が空挺降下からヘリボーン作戦へ切り替えられた。

 

f:id:future_oriented:20180803221553j:plain

陸上自衛隊公式HPより引用)

 

??ん?

ヘリボーン作戦?

どうやって、何をやればいいの?

 

流石に、ヘリボーン作戦の準備まではしていなかったし、初めての経験

レンジャー教育を受けていない僕にとっては、ちょっとキツイ・・・

とりあえず、中隊長からアドバイスを受けて、

ヘリ降着後の部隊の展開・警戒の動きだけを予行した。 

 

こんなもんでいいのかな??

何だか頭の中がかなり混乱していたが、異状なく降着でき無事集結地に集結できた。

100km行軍中、中隊長がまさかの離脱

f:id:future_oriented:20180803221746j:plain

 (陸上自衛隊公式HPより引用)

 

集結後は、いよいよ100km行軍のスタート。

これまで前の部隊では富士の御殿場演習場を使用していたため、

地図が無くても地形はある程度頭に入っているが、

今回の王城寺原演習場は初めて使用する演習場

土地勘がなく、他の隊員と比べても地図判読能力は劣る。

レンジャー課程を卒業したばかりの隊員をコンパスマンとして、

部隊の少し前方を歩かせて、部隊が経路を間違わないように処置をした。

 

空挺団の凄いところは、定年間近のおじさん達でも

100km行軍をして歩ききること。

おじさん連中は、若い頃からかなり重いものを持って訓練をしているので、

腰にヘルニアを持っていたり、膝を故障している隊員が多い。

でも、100km以上の距離を歩き切る

 

f:id:future_oriented:20180804004842j:plain

陸上自衛隊公式HPより引用)

 

100km行軍中の中隊の先任上級曹長の話。

先任上級曹長とは、中隊の陸曹・陸士をまとめる隊員。

椎間板ヘルニア持ちのため激痛に顔を歪めながら

僕に話しかけてくれた。

 

「小隊長、100km行軍きついでしょう?

荷物も重いし・・・」

「わたしも、陸士の時から何十回と歩いてきたんですが、どんなに辛くても途中で絶対に止めないんです。」

「途中で止めたら、後で「あ〜、何であそこでもっと頑張れなかったんだろう」って絶対に後悔するんです。

一生後悔するんです。」

「だから、私はどんなに辛くても100km行軍だけは最後まで歩くんです。」 

 

普段、強面であまりしゃべらない先任上級曹長から励まされ、

勇気を貰った。

 

そんな話をしている中、中間地点の約50kmあたりのところで、

中隊長の様子がおかしくなった

体調が悪いのか、急に倒れ込んでしまった・・・・

大丈夫だろうか。

 

中隊長が歩けなくなったということは・・・

 

えっ、これはもしや。

まずいパターン???  ゚(;゚∀゚)=3ハァハァ

 

「すまない。じ後の中隊の指揮は、大吉2尉が執れ!」

 

f:id:future_oriented:20180803223625p:plain

(出典:https://sumally.com/p/1923570

 

「了解!!後は任せてください!」

 

とは言ったものの・・・・

中隊長の代わりが務まるのか、内心はかなり不安だった・・・

 

そう言えば・・・

訓練検閲が始まる前に中隊長室で中隊長から言われたことを思い出した。

 

「空挺作戦は、誰がいつ死んでしまうかわからない作戦。だから、小隊長は中隊長、班長は小隊長としての役割を

果たせるようにしないといけない。」

 

中隊長は、このことを予想していたかのような事を言われていた。

ヤバイ!物料回収時間までに間に合わない!

f:id:future_oriented:20180727223719j:plain

陸上自衛隊第1空挺団公式HPより引用)

 

徒歩行進が終わった後は、「物料回収」というのがある。

作戦準備間に梱包をした車両や補給品を航空機から投下するのだ。

 

空挺団の演習では、作戦に必要なすべての装備品を航空機から投下することは

ないのだが、

設想(せっそう)」として航空機から物料投下したことと

見做して、車両や装備品を回収する。

その回収時間までに目的地までに到着しなければ、

自分たちの装備品がどこに落下したのかを

見失ってしまうのだ。

だから、何としてでも物料投下の時間までに

間に合わせないといけない

 

しかし、途中で経路を間違ったり、中隊長の離脱等があったため、

予想時間よりも遅れてしまっていた。

このままでは、物料回収の時間に間に合わないのは明らか

 

上級陸曹から色々とアドバイスをもらいながら、中隊を2つに分けた。

体力のある組を物料回収遅れそうな者を後方から

歩かせて、後に主力と合流させた。

もちろん、僕は立場上、物料回収組で指揮を執らなければならなかった。

 

f:id:future_oriented:20180727134717j:plain

陸上自衛隊公式HPより引用)

 

ここで、空挺団の陸曹・陸士達の凄さを目の当たりにした。

時間が迫っていたので、行軍は強行軍と呼ばれるかなりスピードのある行軍。

レンジャー徽章を持っていた陸曹達は、地図を見ながら行進経路を

どんどん進んでいく。

速い・・・後ろに付いていくのがやっと。 (;゚∀゚)=3ハァハァ

行進距離はすでに80kmを越えていたのに、

道なき道を歩き出しのようなスピードで進んでいく。

正直、あまりのスピードに地図を見ながら歩く余裕が無かった

スゲー!! 

これが、レンジャー課程を修了した陸曹達か・・・ ゚( ´ー`)フゥー...

このとき、陸曹達を本当に心強く思い、尊敬した!!

物料回収?どうやってやればいいの?

強行軍の結果、何とか物料投下の時間には間に合いそうになった。

そこで、歩きながら考えていた物料回収の中隊命令を下達した。

 

でも、当時僕は部隊に着隊したばかりだったので、

降下長課程」を修了していなかった。

物料梱包や物料投下に関する教育は、「降下長課程」で受ける。

だから、物料回収のイメージが全く無かった

 

しかし、物料回収に関する命令を下達しなければならない。

とりあえず、隊員が動けるように先に歩いていた物料回収組に、

回収する車両や補給品を振り分けて、物料を回収する命令を下達した。

隊員達は、すでに要領は経験しているためスムーズに回収してくれた。

取り越し苦労だった。

隊員は何をすればいいのかをすべて理解しているのだ。

あとは、幹部として隊員を動かす命令を下達してあげれば、部隊は動く。

 

この時、行軍中に脱落してしまった中隊長物料回収後から合流

することになった。

中隊長の姿を目にしたとき、安堵と心強さを感じた。 ゚ε-(´∀`*)ホッ

敵陣地へ突撃ー!?

f:id:future_oriented:20180804011105j:plain

 

実は、この後の攻撃の作戦において、後世に引き継がれるような

大きなミスをしでかしてしまった。

 

“小隊長の敵陣地への決死の突撃”

 

夜間、敵陣地の偵察に行くため、陸曹をドライバーにつけて小型車両で偵察へ。

V3という暗視装置を僕とドライバーが付けていた。

f:id:future_oriented:20180804011451j:plain

(出典:http://img01.militaryblog.jp/usr/gewalt/1037.jpg

 

月齢が暗い時期だったので周りがよく見えなかったが、V3を付けていれば真っ暗

でもよく見えた。

でも、暗視装置を装着したままの車の運転は、酔って気持ち悪くなるのだ。

だから、僕もドライバーも暗視装置を外して運転をしていた

辛うじて、前方が見えるくらい。

 

暗視装置を外しての運転が、大失敗の原因・・・

 

ガシャガシャガシャ➖ン・・・・

ガリガリガリガリ・・・・

 

ん??どうした?

タイヤに何かが絡まった音・・・

 

非常に嫌な予感がする・・・ (゚A゚;)ゴクリ

 

「小隊長、やばいです!鉄条網に車輪が絡まりました。」

ドライバーが叫ぶ。

 

f:id:future_oriented:20180803223636p:plain

 

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

程なくして、鉄帽に赤いテープを巻いた隊員が3名くらい現れた。

 

「敵だ!」

 

うわぁ〜、終わった・・・ ゚(´・ω・`)ショボーン

大変なことをやらかしてしまった!

 

有ろう事か、敵陣地に車両で突っ込んでしまったのだ

 

自爆テロ・・・゚゚(゜∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ

 

車両と無線機を没収され、暫く敵に拘束された。

 

「いや〜、小隊長、やってしまいましたね・・・」

敵役の隊員から笑顔で同情?される。

ヽ(・ω・)/ズコー

 

このまま、検閲が終わるまで拘束されたままなのだろうか・・・

 

はぁ・・・  ゚(;´д`)トホホ…

中隊長、すみません。

みんな、ごめん・・・

 

翌朝、訓練統裁部のご厚意により、何とか敵に解放してもらい

部隊に戻ることができた。

中隊長からもお叱りを受け、隊員達にとっては伝説の小隊長となった。

 

(;´д`)トホホ…

 

まあ、大変な失敗もしてしまったけど、なんとか状況終了

f:id:future_oriented:20180804021047j:plain

 (陸上自衛隊公式HPより引用)

大丈夫?ぶっつけ本番での至近距離射撃??

f:id:future_oriented:20180803235340j:plain

陸上自衛隊公式HPより引用)

 

訓練検閲中に、検閲課目の副課目として「至近距離射撃」があった。

上の写真のような射撃姿勢で、至近距離の的を射撃する訓練。

 

僕は、幹部候補生学校では基本射撃しかやっていないし、

前にいた部隊は旧式の64式小銃を使用していた部隊。

当然、至近距離射撃なんか一度もやったことがない

 

異動から検閲までに時間がなかったこともあり、実際に防弾チョッキを

装着して、

実弾を使用しての至近距離射撃はできなかった

つまり、ぶっつけ本番

 

とりあえず、号令による要領だけを教えてもらって、射撃予習だけをやった。

ぶっつけ本番で至近距離射撃なんて、今思えばかなりのチャレンジャー

だったと思う。

 

ガンハンドリングがしっかりできていなかったため、

陸曹の射撃係にこっ酷く怒られた

当然、ほとんど的に命中することなく、終わってしまった・・・

 

検閲後の打ち上げで上級陸曹にシバカれる・・・

f:id:future_oriented:20180804003114j:plain

 

訓練検閲が無事終了し、最終日の中隊全員での打ち上げ

みんな疲労困憊で、2時間くらい宴会をしてすぐに解散してしまった。

 

その後、元気な上級陸曹達と7,8名で鍋を囲んで2次会をすることになった。

僕も疲労困憊だったので本当は休みたかったが、誘われたので仕方ない。

 

そこで、酒の入った定年間近の上級陸曹の説教が始まった。

 

「検閲のあのざまはなんだ?お?」

「小隊長なんだから、もっとしっかりやれよ!」

「あんなんじゃあ、誰もついて来ねえぞ!」

 

と、他の隊員のいる前で箸でバシバシ頭を叩かれながら

説教を1時間くらいされた。 ゚(´・ω・`)ショボーン

 

自分では一生懸命やったつもりだけど、まだまだ空挺隊員としては

及ばなかった

そんなことはわかっている。たった、2ヶ月ですべてのことができるわけない。

確かに沢山失敗をしたし、よくわからないことだらけで

消極的になっていた部分もあったからな・・・

 

説教をされているうちに、悔しさ情けなさ感謝・・・

色々な気持ちがこみ上げてきて、我慢をしていたが、

自然に目から涙がこぼれ落ちた (T T)

 

でも、その説教中の上級曹長には検閲中にかなり

助けられた

きっと、幹部としてもっと成長してほしいという願いが

込められているんだろうと思いながら、大人しく説教を受け続けた。

 

自衛隊は階級社会といっても、初級幹部の立場

なんかこんなもの

上級陸曹などの陸曹隊員に指導され、教えてもらいながら

成長していく。

 

幹部としては、この上級陸曹ってものすごく扱いにくい存在なのだ。

特に空挺団は。

年齢も経験も上級陸曹が上だから。

でも、時にはすごく良い指導をしてくれて

味方につけると本当に心強い。

 

こういう人たちに沢山の指導を受けながら、能力の高い陸曹達

に囲まれながら、僕は大きく成長できたと思っている。

 

本当に、空挺団って熱い男たちが集まっていて、

楽しいところなんです!

 

次回の記事も空挺団シリーズでお伝えしたいと思います。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

今日も皆様にとって良い一日となりますように!

 

元・国防男子 大吉